カナダでのIT関連職は実際にどのようなものがあるの?

a0003_001903カナダでIT関連職に就く場合、どのような仕事内容が多いのでしょうか。
多い職種としてはソフトウェアエンジニアや情報システムアナリスト・コンサルタント、コンピュータエンジニア、コンピュータプログラマなどがあげられます。
ウェブデザイナーやウエブ開発、テストエンジニアなどの職種も多いですが、これらの場合は失業率が高めの傾向があると言われています。
雇用形態は契約社員やフリーランス(コントラクト)という形で働く方が多いようです。
コントラクトで実績を積み重ねることで正社員として採用されるというケースが多いことから、最初から正社員での採用を目指している方の場合は努力が必要になる場合もあります。
給与水準については企業や職種によって異なります。
日本の給与水準と比べると高いといえますが、カナダでの勤務実績が未経験の場合は経験を重ねることで更に給与が上がることも期待できます。
平均的な年収としては、40000~80000ドル程度になると言われています。

カナダはIT先進国と言われていますのでレベルの高いIT技術を習得しながら仕事に従事することができるため良い経験を得ることができます。
IT関連の求人情報を出す件数が多い都市としては、オタワやトロント、モントリオール、バンクーバーなどがあげられます。
いずれの都市も治安が良く近代的な都市であることからも住みやすく生活環境も良いことが特徴でもあることから、日本から移住をしても快適に過ごすことができます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ